米国でモータリゼーションと共に広まった郊外型の大規模ショッピングモールは日本やヨーロッパなどにも進出していきました。


大きな駐車場がついた全天候型のモールは、ショッピングだけでなく飲食店や娯楽・サービス施設まで完備した大規模なものも含み、日本各地で目にします。


娯楽の少ない地方では、自家用車所有率が高いこともあり、快適な環境で家族連れでも楽しめるショッピングモールは利用者にとって便利な施設です。

地方の小さい伝統的な商店街にはなかった全国チェーンのブランド店舗や飲食店は若者にも大きな魅力となっています。


一方で、そういうショッピングセンターができると、もとからあった地元の商店街への客足が遠のくのが常です。

経営難に陥る地元店舗が次々に営業をやめて、かつてにぎわっていた中心市街地がシャッター通りと化してしまう現象もあちこちで見られます。


徒歩や公共交通機関が「足」だった時代には便利だった駅前などの商店街ですが、

車社会になると駐車場不足や駐車料金の高さ、渋滞などの面からも、ロードサイド店も含む郊外型店舗に比べると、どうしても不利になります。


とはいえ、自家用車を持たない家庭や高齢者、学生、若者にとっては車でないと行けない施設が不便なのは明らかです。


中心市街地には店舗だけでなく、銀行や郵便局、図書館、町医者や役場など日常必要な行政・民間のサービスなどがそろっているという街も多く、その利便性も魅力でした。


徒歩や電車・バスでそういうサービスを当たり前のように享受できていた住民にとっては、そこがシャッター街と化してしまうことは不便なだけでなく、コミュニティの喪失という現象ともつながります。


実はこのような現象は日本に限ったことではありません。


郊外型大規模スーパーマーケットやショッピングセンターが既存の中心市街地(タウンセンター)に影響を与えてしまう現象は、イギリスでも数十年前から指摘されてきました。


ヨーロッパ諸国の歴史がある街の多くはタウンセンターに商業だけでなく、飲食店、サービス、教育、行政、宗教など様々なコミュニティの営みが行われる「ハブ」として機能してきました。


そのタウンセンターから店舗がなくなり、人がいなくなることについて問題視する声は大きく、イギリスでは都市計画制度を通じてこの課題に取り組んできた経緯があります。


この講座では、郊外型ショッピングセンター開発がタウンセンターに与える影響とその背景について学び、その解決策についても考えていきます。


イギリスの複数の地方自治体で都市計画家として働いた経験を通じて、イギリスの都市計画制度が具体的にどのようにこの課題に適用されてきたのか、実際の成功例や失敗例も紹介します。


この講座を学ぶことで、郊外型ショッピングモール開発による中心市街地衰退という問題に、イギリスがその都市計画制度を通じてどのように取り組んできたかがわかります。


そして、その考え方や仕組みを日本やほかの地域に適用するためのヒントを得ることができます。


都市計画について勉強中の人や、実際に街づくりに携わっている人はもちろんですが、特に基礎知識がない一般人でも理解できるように、平易な言葉でわかりやすく説明しています。



【復習クイズ】

それぞれのレッスンの後に復習のためのかんたんクイズを加えました。

レッスンの内容を理解したかどうかをチェックしてみましょう。


【文書・ビデオ・音声教材】

この講座はテキスト文書で読むこともできますが、それをまとめたビデオも用意しています。

(カリキュラムの最後をごらんください。)

ビデオはスライドと音声でレッスン内容を説明していますので、ビデオとしても音声だけでもご利用になれます。

お好きな方法で読んだり見たり聞いたりしてくださ

【パワーポイント資料付き】


レッスンには講座内容のポイントをまとめたパワーポイントのスライドファイルが添付されています。

このスライドを使ってご自分の学習用に役立てることもできるし、グループ学習やプレゼンテーションのために使うこともできます。

ダウンロードして、ご自由にご利用ください。

¥2,000

期間限定割引価格 2,000円

(通常価格 4,000円)


講師紹介


グローバルリサーチ代表:鍋島紀美代


英国王立都市計画協会会員

Kimiyo Nabeshima MTP


MRTPI Member of Royal Town Planning Institute

University of Manchester Town & Country Planning (BA Hons)

University of Manchester Master of Town Planning (MTP)

Chartered Town Plannerとして

16年間複数のイギリス地方自治体に勤務

現在はコンサルタント、リサーチ、著述・講演活動


主な実績
  • イギリス都市計画許可申請業務
  • 環境再開発プロジェクトマネージャー
  • 市街地再開発プロジェクトマネージャー
  • 地方都市衰退地域における再開発プロジェクト(英政府地方開発公社/欧州連合/市予算資金調達、プロジェクト開発、用地購入管理全般)
  • 都市景観整備、ブランディング
  • 都市計画・アーバンデザイン提言活動(自治体、NGO、企業、一般民対象)
  • 地方市街地デザインガイド作成、講演・講座
  • 英地方市街地店舗改善奨励金プログラム開発、実施
  • 英政府/公社/欧州連合/市予算の資金調達、プロジェクト開発、入札・契約、実行管理、委員会運営、NGO及び民間との連携
  • 英地方自治体ワークライフバランス推進委員会実行委員
  • 日本の顧客対象リサーチ、ヒアリング、情報提供、調査研究報告書作成
  • 日本人向け英・欧州都市計画・地方活性化視察ツアー計画策定、現地ガイド、報告書作成
  • 日本の自治体・NGO・一般民向け講演・講座(都市計画、地方創生、地域活性化、ワークライフバランス、女性の働き方や推進策、少子化解消、一極集中是正、観光観光政策など)
  • 内閣府地方創生推進室地域未来構想20オープンラボ専門家